松戸中央公園で聖徳大学、地域が連携し展開しているアートプロジェクトの活動記録


by artpark

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
※はじめに
総合情報
会議
大成(美術教育)
北沢(美術教育)
関口(幼児教育 音楽)
永井(幼児教育)
西園(美術教育)
美術部
野上(家庭科)
奥村(美術教育)
小泉(美術教育)
神谷(レクリエーション学)
齊藤(ボランティア論)
柴山(教育学)
細戸(社会)
松戸子育てさぽーとハーモニー
ケヤキッズ
まちづクリエイティブ
クリエイティブまつど工房
松戸まちづくり会議
じゅんびしつ
アトリエ ミルクル
PARADISE AIR
保育科有志(岩崎 春日 金)
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

フォロー中のブログ

せいとくアートランダム
ミラクル ミルクル

リンク

最新のトラックバック

最新の記事

アートパーク11 本日開催し..
at 2018-07-01 04:32
大成ゼミ⑦「アッパレザウルス..
at 2018-06-17 10:07
大成ゼミ⑥「アッパレザウルス..
at 2018-06-16 07:14
大成ゼミ⑤ 恐竜の頭を作る
at 2018-06-10 21:51
「アートパーク11 まつどパ..
at 2018-06-06 09:54

タグ

(137)
(52)
(44)
(41)
(32)
(31)
(26)
(25)
(21)
(16)

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧

<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「ピカソチック」感想

「アートパーク6 〜みんな子ども宣言〜」、大成ゼミの感想です。
「ピカソチック」のかけらで各々が作った作品とあわせて紹介します(その時の活動の様子はこちらをクリック!)。
a0205198_22272758.jpg
今年は11人の感想です。





a0205198_1528935.jpg
炎天下のなか、アートパークお疲れさまでした。
ぴかっ!と晴れてよかったのですが、かなり暑くて大変でした(笑)

アートパークに参加して、一番印象に残ったのは、絵の具で思いっきり遊ぶ子供たちの満足げな笑顔でした。
普段、こんなに絵の具をさわる機会もなければ、汚れる機会も少ないなかで、子供たちは思いっきり絵の具で遊ぶ事を楽しんでいるように思えました。
また、子供たちの前に絵の具をだすと、まず最初に子供たちはパレットの中の絵の具をぐるぐる全部混ぜるのですね。大人のように「きれいに塗ろう」という意識ではなく、そこに出された絵の具自体に興味をもち、混ぜたときの絵の具の感触や色の変化を楽しんでいるように思えました。その無意識感から、ピカソのようなアートのような作品が生まれるのかな~と考えたりしました。
人に絵の具を塗る、というのも普段できないことなので、子供たちに「お姉さんたちもぬっていいよ!」などと言うとニッ!っと笑って楽しそうに絵の具を塗ってくるのが印象的でした(笑)
最後ピカソチックが素敵にできあがってよかったのですが、その時、私たち自身もピカソちゃんのようになっていました(笑)
1日アートパークに参加して、暑くて大変なこともあったのですが、子供たちと思いっきり絵の具まみれになって遊び、その中で沢山の発見をすることもできました。とても楽しく、勉強になった1日でした。
アートパークのような子どもたちが汚れることを気にせず、思いっきり遊べるイベントがあるということはとても素敵な事だと感じました。
今回の経験を今後につなげていけたらなと思います。
素敵な時間をありがとうございました。
(佐藤 き)



a0205198_1525964.jpg
アートパークに向けてピカソちゃんを作ろうと2枚の段ボールを渡されましたが、どんなものを作ろうか最初は全く想像がつきませんでした。着ることもできてオブジェにもなるようにということでロケットのようなものを作ろうと思って制作をしました。制作する間にまたアイディアが浮かんだり、みんなのピカソちゃんを見て刺激をうけたりしました。
みんな一人一人こだわりのある作品でした!
アートパーク当日は、私たちも子どもたちも絵の具まみれになりながら楽しく活動をしました。始めは保護者の方と恐る恐る絵の具に手を伸ばす子も、初めて絵の具に触れるという子も、活動を始めると自分から好きな色の絵の具を取りに行き、いろいろな段ボールに色を塗っていました。普段だと筆を使わず絵の具に触れて絵の具まみれになる機会も少なく、服や手足を汚すと注意を受ける子が多いのか、保護者の方の目を気にして活動する子もいましたが、そんな子どもも保護者の方の「今日は洋服汚してもいいよ」という言葉や、保護者の方が自ら絵の具に手を伸ばして子どもと絵の具まみれになったりし、ピカソチックを楽しんでいました!
今回、絵の具の感触を手や足だけでなく、全身で感じ、学校や実習で見る子どもたちとはまた違う伸び伸びとした子どもたちの姿を見ることができました。絵の具まみれになったり、地域の方々・子どもだけでなく保護者の方ともいっしょに活動したりととてもいい経験をすることができました!
アートパークは、子どもはもちろんのこと大人の方も普段なかなか経験出来ないことが出来る活動だと思います!今回アートパークに参加することが出来てよかったです!
(市村)



a0205198_15263694.jpg
私は、今回のアートパークで、子ども達の発想の豊かさに驚かされました。初め、アートパークに向けて、ピカソちゃんを作ろうという話になった時は、ピカソ="訳がわからない"というイメージだったので、とにかく"訳がわからないもの"を作りたいと思いながら作業を始めました。出来上がってみると、他の子と比べてはっきりとした形が分からず、もっと考えてから作ればよかったと少し後悔していました。アートパーク当日、子どもがこれをどう受け止めてくれるのか、ドキドキしながら作業をしていると、一人二人とこどもがやってきて、「これはお家ね。」「タイヤマンみたい。」とそれぞれのイメージを膨らませながら、私の作品に色を塗ってくれました。私はそんな子ども達の姿を見て、"分からないほうが面白い"ということもあるのだなと思い、少しだけピカソの気分を味わえた気がしました。そして、積み上げた段ボールに色を塗り、ピカソちゃんを乗せたら、カラフルなピカソチックが出来上がりました。絵の具と段ボールという二つだけで、こんなに楽しい活動ができるということも、新たな発見でした。今回のアートパークのテーマ"みんなこども宣言"の通り、大人も子どもも私たちも、みんな子どものようにおおはしゃぎの一日になりました。思いきり遊ぶみんなの笑顔を沢山見ることができ、とても楽しかったです。これからも、時より子どものようになってみる時間を作ってみたいと思いました。
(加藤)

つづきはこちらをクリック!
[PR]
by artpark | 2013-08-03 21:32 | 大成(美術教育)