松戸中央公園で聖徳大学、地域が連携し展開しているアートプロジェクトの活動記録


by artpark

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
※はじめに
総合情報
会議
大成(美術教育)
北沢(美術教育)
関口(幼児教育 音楽)
永井(幼児教育)
西園(美術教育)
美術部
野上(家庭科)
奥村(美術教育)
小泉(美術教育)
神谷(レクリエーション学)
齊藤(ボランティア論)
柴山(教育学)
細戸(社会)
松戸子育てさぽーとハーモニー
ケヤキッズ
まちづクリエイティブ
クリエイティブまつど工房
松戸まちづくり会議
じゅんびしつ
アトリエ ミルクル
PARADISE AIR
保育科有志(岩崎 春日 金)
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

フォロー中のブログ

せいとくアートランダム
ミラクル ミルクル

リンク

最新のトラックバック

最新の記事

大成ゼミ⑥「アッパレザウルス..
at 2018-06-16 07:14
大成ゼミ⑤ 恐竜の頭を作る
at 2018-06-10 21:51
「アートパーク11 まつどパ..
at 2018-06-06 09:54
大成ゼミ④恐竜を作る+全体会議②
at 2018-06-06 09:19
大成ゼミ③ 恐竜に決定!
at 2018-06-06 08:49

タグ

(136)
(52)
(44)
(41)
(32)
(31)
(26)
(24)
(21)
(16)

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧

みんなのたからじま

a0205198_14575019.jpg
7月2日(日)アートパーク10-ラブ&ピース大作戦-
保育科北沢Grは”みんなのたからじま”を実施しました。




a0205198_14572334.jpg
10時のスタートと共に、お客さんがやってきました。受付で、遊び方を説明してダンボールを渡します。子どもたちは並んでいるときから、どんな宝箱にするかドキドキわくわくしていました。


a0205198_15161116.jpg
ダンボールを受け取った子どもたちは、お姉さんに自分の好きな形を伝えて切ってもらいます。お家の屋根のような三角の蓋、本物の宝箱のような丸い蓋、ダンボールの形をそのまま使った四角い蓋など、思い思いの形を作ってもらいました。

a0205198_15150082.jpg
「何を入れる宝箱にしようかな?」
お姉さんと楽しくお話ししながら、イメージを膨らませています。

a0205198_15294962.jpg
絵の具で色を塗ります。子どもたちは、自分の宝箱のイメージに合う色を選んでいました。

a0205198_15154016.jpg
お姉さんと一緒にリアルな宝箱を目指して真っ赤に色塗り!!

a0205198_14591058.jpg
Tシャツの色と同じピンクで色塗り。一人で頑張っています。手に絵の具がついちゃった…
お母さまの話では、ピンクが大好きで、兄妹でピンクの服を着ていました。


a0205198_15173257.jpg
ハケじゃ物足りない!手で塗っちゃえ~!両手がピンクになっちゃいました!!!
いくら汚しても、今日はお母さんもニコニコです。


a0205198_14595625.jpg
親子で色塗り。お父さんは一生懸命色塗りをする子どものお手伝い☺


a0205198_15012261.jpg
色塗りが終わったら装飾をします。モール、布、発泡スチロールでできたハート、シール、画用紙、リボンなど、自分の好きな素材を探してきて作っていました。


a0205198_14520733.jpg
「宝箱には何を入れたいの?」「ケーキを入れたいの、、、」
海賊の帽子をかぶったお姉さんと一緒にケーキを入れる宝箱に何をつけようか考えています。


a0205198_14594139.jpg
お母さんと一緒に装飾!デコレーションした紙皿を使って装飾をしています。


a0205198_14585707.jpg
お父さんと女の子で一緒に宝箱つくり。
女の子が鍵穴の場所にしるしをつけると、「お父さんにもやらせてよ!」と言って、お父さんが宝箱に鍵穴を開けていました。
女の子は、お父さんがやっているのを心配そうに見ていました。本当は自分でやりたかったみたいですが、一緒に作るのも、親子の楽しみですよね。


a0205198_14521983.jpg
お姉さんと仲良く装飾中!どんな宝箱にするか真剣に考えています。この後、2人でスパンコールをつけていました。


a0205198_14584285.jpg
お母さんが一人で制作中! 夢中になって作っています。布の模様から連想して、カラフルなお魚の宝箱です。


a0205198_14581831.jpg
お友達同士で毛糸を使って宝箱の中身を作っています。

a0205198_15293168.jpg
お家の形をした宝箱が完成しました!きれいに色を塗って、お洒落なデコレーションもできました。
「屋根にはカーテンがあって、横には紐がついてるの。カーテンを開けるとね、、、」
自分の工夫したところをたくさん説明してくれました。


a0205198_15002469.jpg
宝箱がついに完成!!!!お口がギザギザの宝箱ができました!
作っているときは夢中で、話しかけてもあまりお話ししてくれませんでしたが、出来上がったらニコニコで、一杯お話ししてくれました。兄弟で一緒に作って嬉しそうです。


a0205198_15165771.jpg
完成したうさぎさんの宝箱を持って記念撮影!

a0205198_15170831.jpg
白いドレスを着て記念撮影!たからじまのお姫様です!


a0205198_15180650.jpg
女の子二人でドレスに着替えて記念撮影!素敵な笑顔と宝箱ですね☺


a0205198_15174431.jpg
金の机とイスを使って記念撮影!素敵な宝箱ができましたね!


a0205198_15181968.jpg
男の子二人でカッコいい衣装を着て記念撮影!たからじまの海賊かな?


a0205198_15020776.jpg
記念撮影が終わったら大事に袋に入れて持って帰ります!お家に帰ったら大切な自分だけの宝物を入れてくださいね…


a0205198_15191884.jpg
最後に、きぼうのたから保育園の園長先生とピース✌
日頃からボランティアでお世話になっています!



a0205198_15025206.jpg
みんなで頑張って作った宝箱がたからじまに置かれました!
♡どんな宝物を入れるのでしょうか?アートパークの終わりには、どの宝箱もお家に持ち帰り、たからじまは、カラ?のしまになっていました、、、


a0205198_14514118.jpg
アートパーク終了後、一緒にやった保育士さんたちとみんなで記念撮影!


≪後日、大学で反省会≫
アートパークの画像を見ながら活動を振り返りました。
今回北沢Grに参加した32人は、それぞれがアートパークでの経験から、多くのことを学びました。

・アートパークのために、何日もかかって宝箱の試作やTシャツ作りなどの準備をし
て大変だと思ったが、子どもたちと沢山関わることができ、楽しいことが多かった。
・アートパークに向け保育所でボランティアをしていたので、当日、声掛けや接し方がスムーズにでき、自分の成長を実感できた。
・ボランティアをしていた保育園の子どもが来てくれて、うれしかった。
・初めて子どもと関わった時よりも、子どもを主体とした言葉掛けができたので、少し成長できたと思う。アートパークに参加して良かった。
・子どもたちの宝箱を作っている姿から、素材の使い方や、発想の豊かさに驚かされた。
・子どもが工作している姿を直接見ることができたので、1人1人の個性の違いがよく分かった。
・一緒に制作することにより、子どもがどんなものが好きで、面白いと思うのか、たくさん知ることができた。
・全部自分でやりたいと言って泣く子どもがいたり、自分の作品にこだわりのある子どもは、自分の思い通りに作ろうと頑張っていた。
・子どもは夢中になると熱中して他の事が目に入らなくなる姿がよく分かった。
・年齢による表現の違いが分かった。授業で習ったことを実際に見ることができよかった。年齢によってできることが本当に違うといううことがよく分かった。
・初めは、あまり話してくれなかった子どもも、一緒に制作することを通して、うちとけてくれるようになったのがうれしかった。
・保護者の方もたくさん来ていたので、親子の会話や親の前でしか見せない子どもの表情が見ることができ貴重な体験になった。
・子どもたちの表現したいものを聞き、それを表現するお手伝いをするのがすごく楽しかった。
・大勢のお客さんに対応し、会場の案内など、臨機応変な行動がなかなか難しかった。
・仲間と協力して何かを達成することが、自分の良い経験になった。この経験は、自分の将来に生かせると思った。

(内山 佐藤ち)











[PR]
by artpark | 2017-07-11 16:34 | 北沢(美術教育)