松戸中央公園で聖徳大学、地域が連携し展開しているアートプロジェクトの活動記録


by artpark

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
※はじめに
総合情報
会議
大成(美術教育)
北沢(美術教育)
関口(幼児教育 音楽)
永井(幼児教育)
西園(美術教育)
美術部
野上(家庭科)
奥村(美術教育)
小泉(美術教育)
神谷(レクリエーション学)
齊藤(ボランティア論)
柴山(教育学)
細戸(社会)
松戸子育てさぽーとハーモニー
ケヤキッズ
まちづクリエイティブ
クリエイティブまつど工房
松戸まちづくり会議
じゅんびしつ
アトリエ ミルクル
PARADISE AIR
保育科有志(岩崎 春日 金)
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

フォロー中のブログ

せいとくアートランダム
ミラクル ミルクル

リンク

最新のトラックバック

最新の記事

大成ゼミ⑪「ハッピーカミレオ..
at 2017-10-08 12:27
大成ゼミ⑩「ハッピーカミレオ..
at 2017-07-27 21:52
みんなのたからじま
at 2017-07-11 16:34
アートパーク10 本日開催致..
at 2017-07-01 23:23
大成ゼミ⑧⑨ハッピーカミレオ..
at 2017-06-29 22:39

タグ

(136)
(52)
(44)
(41)
(32)
(31)
(26)
(24)
(21)
(16)

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧

大成ゼミ⑪「ハッピーカミレオン」を終えて…

a0205198_11580354.jpg
アートパーク10の「ハッピーカミレオン」の活動を無事終える事ができました。
この場を借りてお礼申し上げます。
さて、恒例の大成ゼミの感想です。
今年も12人。準備から当日の活動を振り返りました。(おおなり)


今回私は初めてアートパークに参加しました。自分たちは当日まで一生懸命に準備を進めてきたのはいいものの、広報は先生とブログに任せっきりで「本当に子どもたちは来てくれるのかな…。」と当日まで不安でした。開始時は数人だった子どもたちも、気がつくとカメレオンの周りにたくさん集まってきてくれていて、まるで小さな幼稚園のようでした。「前にも参加したことあるんだ!」「友達が面白いって言ってたから一緒に来た!」という子どもたちの話を聞き、改めて先輩方の伝統を引き継いでいるんだ、という自覚を持ちました。まだ実習でしか子どもと関わる機会がなかったため、幼稚園に入る前の子どもから小学生まで幅広い年齢の子どもたちと関わるという、とても貴重な経験ができました。年齢ごとの活動の様子を見ていくと、小さい子はお母さんの存在を忘れて黙々と活動しているのに対し、大きい子は一緒に来た友達や、その場で初めて出会った子と協力して活動を進めていくという子が多かったと感じました。私は、異年齢同士の関わり合いを見かけることはあまりありませんでしたが、大きい子達が作ったガムテープの飾りを見つけて、その上に手をかざして楽しそうに遊んでいる小さい子を見かけたり、小さい子が絵の具を持って投げているのを大きい子が見て真似をしていたりという場面を見て、一緒に遊んでいなくてもお互い影響し合っているということが分かりました。 今回の「ハッピーカミレオン」というテーマを決めるだけで何時間も意見を出し合いました。結局6月に入る直前でやっと決まりました。その後、カメレオンの体のパーツごとにグループに分かれたときは、とりあえずダンボールを適当に切ったり貼り付けていったりして、デザイン班の案を元にそれぞれが自分のイメージ通りに進めていくことができたため、テーマ決めよりもスムーズに完成に近づいていきました。そのことから、人それぞれの意見をまとめたり選んだりすることや、自分の意見を相手に納得してもらうことはとても難しいということと、悩む前に思い切ってチャレンジしてみるという勇気も学びました。今までは一人で制作することばかりしてきましたが、みんなで一つのものを作る楽しさを知ることができた活動だったと思います。(ふりき)


今回のアートパークに参加し、私は子供達、保護者の方々、協力してアートパークを完成した地域の方々から沢山のことを学びました。私がアートパークで特にそのように感じたのは活動が始まってすぐでした。カメレオンが広場の真ん中にあり、みんなでダンボールを組み立てているところに保護者から「これはなにをしているの?」と聞いて来ました。しかし、そういったことを聞いて来るのは大人の方のみで、子ども達が聞いて来た内容は「ダンボールどこにありますか?」などでした。大人はどういう目的があって何をする場なのかを聞いてきますが、子ども達はそんな目的なんか関係なく自分がどうしたいか、周りに何があって何が出来るのか、自分で見つけられる力があるのだと子ども達を見ていて感じました。実際、私もカメレオンと決まり、周りで子ども達は何をするのか私たちはどう子ども達を遊ばせるのかよく分かっていませんでした。その事でやる前は不安に感じることもありましたが、当日はそんな不安に感じる必要もなく、アートパークは子ども達が作り上げるものであって、私たち大人が「こうやるんだよ」と子ども達の作品を大人が作るものでないと改めて気づかされました。また、私が2歳児位の男の子とお母さんと一緒にダンボールを組み立てていた時のことです。ガムテープを貼り付けてダンボールを立体に組み立てる際に、男の子にガムテープを渡すと男の子は全く関係のないダンボールに書かれた文字をガムテープで囲むようにして貼っていきました。お母さんは「なんで、そんなところに貼るの?(笑)ここに貼るのよ!ここ!」と言い、私に対して恥ずかしそうにしていました。まだ2歳児は物を組み立てるなど理解できないと私などは理解していますがお母さんは自分の子が上手に組み立てられないのが恥ずかしかったようです。まず、このアートパークに正解などないのでガムテープをどのように使っても正解であるため私はその2歳児の子がそのように貼りたいなら貼らせたいと思い、ガムテープを渡していました。私はその時にその子のこだわりがダンボールをガムテープで止めることでなく、その文字に反応している事を面白く感じました。その際に、私はお母さんに分かりやすいように2歳児はまだダンボールを組み立てることは難しいことであり、この子にとって今大事なのはこの文字とテープで遊ぶことを伝えるべきか迷いました。私はどのように説明すればいいかも分かりませんでしたし、私が言っていいものかも分からなかったため何も言わないでそのままにしました。それが正解なのかダメだったのか分かりませんが将来、私が保育士になった時には保護者の方に説明することは必要になることです。今回の事があって保護者の方に専門的なことを簡単に説明するのは難しいことであって、私自身も説明出来るよう学習し、よく分かっていないといけないと改めて感じることができました。(なかがわ)


アートパーク当日のことを思い返すと、色とりどりのカラフルな笑顔で溢れかえっていた。楽しい出来事ばかりだったが、それだけでなく、そこから学ぶこともたくさんあった。参加した子供たちは、ガムテープひとつ取ってもそれぞれの遊び方があった。色とりどりなガムテープを何色も集める子どももいれば、ダンボールを組み立てる際、その色合いや貼り方に工夫する子もいた。中には、作りたいものを作るためのひと手間で、色も形も眼中に無い、という子もいた。子どもたちの遊び方に合わせて、私たちも見合った支援をしていった。前者のような子どもは見守ったりアドバイスをするだけで手は出さないが、後者のような子どもには、ガムテープを伸ばして待機し、あとは切るだけといった支援をした。私たちにとってはただの道具や作業でも子どもたちにとっては遊びになるし、遊びの段階に合わせて支援が変わっていくということを学んだ。 こういった支援をしていくうちに、子どもたちが自由に作るものには、一つ一つに物語があることを知った。ここは台所で、これは冷蔵庫。ここはお風呂、等々。そしてその物語を、子ども同士共有し合っていた。初対面でもその物語を通して心を通じ合わせて作品を作り、遊んで笑って、名前も知らないまま帰ってゆく。初めは驚いたが、確かに自分も昔は、友達の住んでいるところ、肌の色、名前でさえ関係なくて、環境と人さえあれば遊びは成立することを思い出した。活動中、保護者からは何をしているのか、何を作っているのかを聞かれる場面があった。「何かを目指している、だから何かをやっている」そう思って聞いてきたようだ。しかし、大人が思っているよりも子供は自由で、ゴールが決まっているから遊んでいるわけではなかった。その証明として活動中、「どうすればいい どうやればいい」という言葉を一度も耳にはしなかった。今回の活動は、いい意味で自由な子どもたちに引っ張られていて、それにわたしたちが付き添っているという実感を持った。そして、子どもたちのことをよく見て観察し、それに見合った支援をすると、子供はのびのびと活動できるということを学んだ。子どもならではの自由さ、純粋さを目の当たりにし、わたし自身も子ども心を思い出すことが出来た。(しぶや)


つづきはこちら!
[PR]
# by artpark | 2017-10-08 12:27 | 大成(美術教育)

大成ゼミ⑩「ハッピーカミレオン」当日の活動

こんにちは!今回のブログ担当は「大成ゼミ」池田です。
いよいよ7月2日(日)は待ちに待ったアートパーク10でした!

a0205198_16564533.jpg
今年のテーマは「ラブ&ピース大作戦」。
こつこつ作り上げてきた我らの「カミレオン」はどうなっていくのでしょう…?わくわくドキドキでスタート!

a0205198_16560503.jpg
ぽつん…。ひとりぼっちのカミレオン。みんな朝礼中だから少し待っててね。
カミレオンは公園までみんなで手て運んできました。

a0205198_17031741.jpg
暑くて重くて、それでもみんなニコニコ。
たくさんのダンボールや材料を運んで配置決めをします。
「どこに何があったら使いやすいかな?」「絵の具は見えるところに置いておくとすぐに取り組みたくなるから隠しておこう。」子どもの立場に立って考えてみると色々な問題が出てきます。改善策をその場で考えるのも面白いです。



a0205198_17204378.jpg
さあ始めよう…とその前に。「ダンボールの穴に筆を入れちゃう子どもがいるかも?」大成先生の的確なアドバイスを頂き、急いでガムテープで補強します。私たちに配られたのはカラフルなガムテープ。ピンクに緑に黄色に紫に水色に青…。いくら大学生だからといって子ども心は忘れていません。自分のガムテープをみんなの緑のTシャツに張り合いっこ!みるみるうちにシンプルな緑のTシャツがカラフルに大変身。先生に「もうすぐ朝礼!」とせかされる中、とても楽しみました…♡


つづきはこちら!
[PR]
# by artpark | 2017-07-27 21:52 | 大成(美術教育)

みんなのたからじま

a0205198_14575019.jpg
7月2日(日)アートパーク10-ラブ&ピース大作戦-
保育科北沢Grは”みんなのたからじま”を実施しました。

More
[PR]
# by artpark | 2017-07-11 16:34 | 北沢(美術教育)

アートパーク10 本日開催致します!

a0205198_22164513.jpg

アートパークは今年で10回目、本日開催いたします!
今年のテーマは「ラブ&ピース大作戦」。
今年も松戸中央公園がハッピーな空間になることを楽しみにしています。
「アートパーク10」のワークショップは全部で14。いつでも参加OKです!どこからでも好きな時間遊べます。それぞれのルールを守って楽しく遊びましょう!

※スタッフ、参加者の皆様、本日は暑いようです。熱中症と食中毒にはくれぐれも注意するようお願いいたします。

必ず受付を済ませてからご参加下さい。(チラシの裏の参加受付表に予め記入いただいておくと受付がスムーズです)
広報や研究のための写真、動画撮影に御協力下さい。

「アートパーク10  ラブ&ピース大作戦」
日時/2017年7月2日(日)10:00〜15:00   
小雨決行 雨天の場合16日(日)に延期   
実施有無はこのブログで確認下さい。
場所/松戸中央公園
主催/聖徳大学児童学研究所 聖徳大学生涯学習研究所
共催/聖徳大学児童学部児童学科 聖徳大学短期大学部保育科
後援/松戸市 松戸市教育委員会
企画/聖徳大学児童学部児童学科大成ゼミ・関口ゼミ・西園ゼミ・祓川ゼミ  
聖徳大学短期大学部保育科北沢Gr・永井Gr・岩崎Gr・聖徳大学美術部・保育園きぼうのたから・保育園きぼうのつばさ・松戸子育てさぽーとハーモニー・PARADISE AIR・じゅんびしつ・松戸まちづくり会議・クリエイティブまつど工房・松戸市立中学校美術部有志・千葉大学木下勇研究室

参加費/無料 
対象/幼児、小学生 親子で参加OK

・汚れてもいい服装で来て下さい!
・マナーを守って造形あそびをしましょう!
・帽子をかぶりましょう 水分をこまめにとりましょう
・アートパークは環境にも配慮しております、ゴミは各自お持ち帰り下さい。
・駐車場は用意しておりません。各自公共交通機関等をご利用下さい。

a0205198_08481574.jpg

<ワークショップ紹介>(イラスト 児童学科4年 はやみん)

a0205198_09165940.jpg
①「ゴーゴーうちゅうりょこう」聖徳大学美術部
美術部は木陰で宇宙空間を作り、ペットボトルと輪ゴムを使ったロケットを子どもたちと一緒に打ち上げるワークショップをやります。子どもたちとロケットの飾り付けをし、最後はそのロケットを持って帰って家でも遊べるようにします。


a0205198_09172553.jpg
②「ハッピーカミレオン」大成ゼミ(聖徳大学児童学科)
神様の使いで紙製の大きなカメレオン「ハッピーカミレオン」のもとでダンボールを重ねて秘密基地を作ります。絵の具遊びもしましょう!みんなカラフルなカメレオンに変身!


つづきはこちら!
[PR]
# by artpark | 2017-07-01 23:23 | 総合情報

大成ゼミ⑧⑨ハッピーカミレオン制作最終!

皆さんこんにちは!今回のブログ担当は「大成ゼミ」小野です。
「大成ゼミ」第8回目(6/21)の活動はカメレオンの各部品を繋げて一体にしました。
a0205198_22380408.jpg
電動ドリルを使ってダンボールにガンガン穴を開けていきます。
だんだんとドリルを使う腕が上達してきています。その横顔は職人のよう!

カメレオンの後ろ姿が滑らか~で美しい…!私のお気に入りです♡

a0205198_22373606.jpg
ドリルで空けた穴に、針金を輪っかになるように曲げて糸を通し、ダンボール同士を縫い付けていきます。
なかなか内側から穴に針が通らず苦戦しました・・・

a0205198_22370982.jpg
こんなに大きなものを縫うのは初めてでワックワク~!

a0205198_22383682.jpg
縫ったところは前回と同様、米袋をちぎってボンドで上から貼り付けていきます。

a0205198_22444849.jpg
そして…「大成ゼミ」第9回目(6/28)は、土台を作っていよいよ色塗りです。


つづきはこちら!
[PR]
# by artpark | 2017-06-29 22:39 | 大成(美術教育)